交通事故による後遺障害


交通事故毎日のように全国各地で交通事故が起きていますし、テレビやラジオのニュースなどでそうした情報は我々の耳や目に入ってきます。まるで他人事のように思っている方もおられるでしょうが、こうした交通事故に遭う可能性は誰にでもありますし、もしかすると明日は我が身かもしれません。交通事故の被害に遭うと生命の危機に陥ることも考えられますし、深刻な後遺障害を患ってしまうことも考えられます。

表面上のケガなら一定期間治療を受けたり入院して安静にすることで回復しますが、後遺障害が残ってしまうとそうもいきません。後遺障害は労働能力の喪失を伴いますし、今後回復する見込みがないことを示しています。つまり、後遺障害が残るということは今後その症状と生涯付き合っていく必要があるということです。交通事故が原因で生じる後遺障害にもさまざまな種類がありますが、その中でも比較的ポピュラーなのが高次脳機能障害と呼ばれる障害です。

高次脳機能障害と呼ばれる障害についてご存知という方は意外に少ないかもしれませんが、交通事故によってこの後遺障害を患ってしまう方もたくさんいます。今でも苦しんでいる方は大勢いますし、自身はもちろんですが周りの人々にもさまざまな影響を及ぼしてしまう怖い障害です。ここでは、交通事故によるダメージが原因で生じる高次脳機能障害について詳しくお話しますから、少しでも関心を持った方はぜひ最後まで目を通してくださいね。


関連記事